スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【GTA5 お勧め MOD】 Mitsubishi Lancer Evolution VIII MR 【Replace Kuruma】

PC版【 Grand Theft Auto V 】の車の入れ替えで個人的にお勧めのMOD紹介です。


三菱 ランサーエボリューション VIII MR

【EVO8】【EVO8】
↓ MOD ダウンロードリンク 【5MODS】 ↓


入れ替える車 : KURUMA

1.モデルファイル 変更場所
update/x64/dlcpacks/patchday2ng/dlc.rpf/x64/levels/gta5/vehicles.rpf
2.カスタムパーツ 変更場所
update/x64/dlcpacks/mpheist/dlc.rpf/x64/levels/mpheist/vehiclemods
3.vehicles.meta 保存場所
update/update.rpf/dlcpatch/mpheist/common/data/levels/gta5
4.carcol.meta 保存場所
update/update.rpf/dlcpatch/mpheist/common/data



【EVO8】【EVO8】


車種の概要

三菱 ランサーエボリューション VIII MRのスペック
■最高速度:255km/h
■最高出力:290馬力
■販売価格:339万円


【ランサーエボリューション】は、ランサー(最新モデルの日本名はギャランフォルティス)をベースに、2,000ccハイパワーターボエンジンを搭載したスポーツモデルである。
公道走行を前提に快適装備を備えたGSRと、競技用ベースモデルの RS の2グレードで展開されている。

通称ランエボ。モデルを識別するためにエボ○(○は数字が入る)と呼ばれることもある。
エボI〜III、エボIV〜VI、エボVII〜IX、エボXでそれぞれベースモデルが切り替わっているため、第1世代、第2世代、第3世代、第4世代という呼び分け方をされる。

2004年2月発売。型式名【GH-CT9A】通称【エボVIII MR】または【エボ8.5】
【ギャランGTO】から続くMitsubishi Racingを意味するMRのネーミングを冠した【エボVIII】の熟成型モデル。
その変更箇所は数多く、新たに【エボIX】を名乗っても不思議ではないほどの改良が加えられていた。

ビルシュタイン社製ダンパーを採用し、ドア内部のサイドインパクトバーをアルミ化、量産車で初となるアルミルーフの採用により、約10kgの軽量化を達成。
またオプションとしてルーフ上に取り付ける「ボルテックス・ジェネレーター」が用意された。

アルミホイールは【エボVIII】のエンケイ社製の17インチ6本スポークに加え、BBS社製の17インチ鍛造軽量アルミホイールがメーカーオプションとなった。
外見上の【エボVIII】との相違点は、ヘッドライトとリアコンビランプがブラックアウト、ウイング翼端板のガンメタリック塗色化。
アルミルーフ採用に伴うルーフパネル端部のプレスリブに留まる。

また、このモデルではタービンが【エボV】および【エボVI】と同じ大容量タービンが採用され、
カムプロフィールも【VIII】に比べ高回転向きに変更。
またこのモデルのRSグレードは、CT系(第3世代エボ)中で最も軽量。

日本国内外で評価が高く人気のため、車両盗難に遭うケースが非常に多く、【エボVIII】以降のモデルからはイモビライザーが標準装備された。

現行の【ランサーエボリューション】はWRCとの関係が次第に希薄化しているものの、他のモータースポーツカテゴリーではその存在感は健在である。
また、【VIII】からは日本国外での市場に正式に輸出が開始されるなど、国内外における三菱のイメージリーダーとして位置付けられていた。


テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

PROFILE

NS-motu

Author:NS-motu
-活動状況-
更新停止中
-------

CATEGORIES
GTA V MOD

COUNTER

閲覧者数


ジオターゲティング

ACCESS RANKING
[ジャンルランキング]
日記
3022位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1175位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。